Solo-tourist アブロードキャリー70Lの感想

スポンサーリンク

悩み抜いた末にメインバッグ、買いました。

おそらく多くの旅人が悩むだろう、「メインバッグはキャリーケース?バックパック?」のはなし。

 

私が求めるのは以下。

  • ある程度強度がある(カメラの機材入れるから)
  • ファスナーに鍵が掛けられる(防犯大事)
  • 背負える(転がせない場所へ行く可能性がある)
  • キャスターがついている(できるだけ背負いたくない)

つまり、コロコロバッグ一択。

体力があるうちは良いですが、気づいたら平気でできていたことが出来なくなってきますからね!

タダでさえ重労働のカメラマン。足腰は大事にしたい。

正直……カメラ機材って本当に、ほんっっとうに重たくて背負い続けたら腰砕けるな?て思います。

どれくらいかと言うと、普通の撮影で海外用の大きなキャリーバッグに荷物を入れて1日転がすと手に豆ができるくらい。

カメラマンではないけれど「写真に妥協せず旅をしたい」って言う人も、恐らく交換レンズや三脚は持っていると思うんですよね。重いですよね?ね???

ロケ撮影ならいざ知らず、転々と可能な限り身軽に旅をしたい身分としては鞄から小さくしていかないと荷物は増えるばかり。(と言っても70L選びましたけど!)

と言うことで私が選んだのがこれ。

Solo-tourist アブロードキャリー70L

[ソロ・ツーリスト] 3ウェイキャリーバック アブロードキャリー70 70L 66cm 3.15kg AC-70 BK ブラック

届きました。こんな感じ。

色は汚れても目立ちにくい黒をチョイス。70Lでは他にグレーもありました。
これだけだと空港で取り間違えられそうなので、後でネームタグつけたり装飾します。

【 画像左 】 エクステンションファスナーつきです。荷物が多くなったらこれで多少拡張可能。

【 画像中央 】 ファスナー同士で南京錠つけられるようになってます。これ大事。

【 画像右 】 フロントポケットに50cm定規入れてみました。大体深さ35cmほど。A4サイズならすっぽり入ります。

【 画像左 】 中は50cm定規ぴったり入りました。布なので多少上下詰め込められますね。表のカバー裏にはメッシュのポケットもついています。

【 画像中央 】 2気室になるよう仕切りがついています。背負う時は重たいものは上に入れた方が◎ 内側は撥水素材です。

【 画像右 】 ザックにした状態。後ろのファスナーの中にショルダーベルトなどが格納されています。キャリー底にマジックテープがあるので、背面側のカバーは畳んでぺたり。でOK

【 画像左 】 ショルダーベルトはサイドのDカンに付けます。

【 画像中央 】 重たいザックには必要な肩上の調整ベルト。ちゃんと付いていました。

【 画像右 】 最後まで生き残って欲しいキャスター部分。大きすぎず小さすぎず。こればかりは使ってみないと分かりませんが、砂や枯葉などを巻き込んでも掃除し易そうな作り。

ちなみに私は2択で迷っていたものがこちら
OSPREY(オスプレー) ソージョン80(28インチ) OS55005 80L ワンサイズ フラッシュブラック(BK)

こちらは80L。2気室ではないけれど強度はありそう。スイッチバッグを使っている方はこのオスプレーを使用している方が多い印象。実物使っている人を見かけた事がありますが、こちらも良さそうでした。

レインカバーは別売

気をつけていただきたいのがこちらの商品「レインカバーは付いていない」と言う事。
雨天はもちろん、盗難防止の面でも絶対欲しいザックカバー。

Solo touristのレインカバーは別売で出ています。
[ソロツーリスト] Solo-Tourist スイッチパック用パックカバー クロ SP-20 BK (クロ)

が、これ……70L対応していないんですよね。マチが23cmなので1つ下のサイズなら合うかも。
なので、私はこちらのXLをを買いました。

Sunhel リュックカバー 防水 【18-70L】【2個入】アウトドアリュック カバー 雨よけ 通勤 通学 アウトドア活動 収納袋付き 2個入り ブラック+オレンジ 【S:18-35L M:35-45L L:45-60L XL:60-70L】

アブロードキャリーはキャリーバッグ、バックパック両方の仕様をもつためキャリーバッグ用カバーだとザック時に対応できず、伸縮性のあるものはレインカバーとしての機能性に不安があったので……こちらに。

背中部分は覆えませんが、2つセットなので万が一の時は両方使います。笑
一応アブロードキャリー本体も撥水加工なので、主に背面を守っていきたいですね!

追記:このレインカバー、使えはするんですが私みたいにパッツンパッツンまで荷物詰める人は要注意。内側のストラップが閉まりきらなくなります笑。これを使う場合はストラップを自分で延長するか、別途紐で繋ぐ方がいいと思います。少なくとも荷物がパンパンの時は……。パンパンでなければ閉まりますとも、ええ。

パッキングした荷物公開します

2018.05.21

まとめ

今まで機材運びはキャリーバッグがメインだったので一抹の不安はありますが、キャリーバッグに入れるほど繊細な道具は持っていかない予定なので(モノブロックストロボとかね)、緩衝材入れるなどしてぶん投げられても耐えられるパッキング頑張ります。(自分の物持ちよりも空港での空飛ぶ荷物の方が心配です)

Amazonの商品ページはこちら▽
[ソロ・ツーリスト] 3ウェイキャリーバック アブロードキャリー70 70L 66cm 3.15kg AC-70 BK ブラック

にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA