旅のルートや目的のお話

スポンサーリンク

今更ですが、このブログを立ち上げたきっかけと、今回の旅のおおまかなルートや目的をお話しようと思います。

ブログを書く理由は単純に生存報告なのですが、加えて備忘録とこの経験がどなたかの役に立てば良いなと思い情報を書き残しています。

私は初っ端から世界を周るつもりはなく、ドイツに住む期間がある+旅の目的は観光だけではない、と言うのもあり世界一周して旅されている方に比べると情報に偏りがあると思いますが……。

なのでルートの参考にはならないかも知れませんが、交通手段や現地情報などでお役に立てれば幸いです。笑

旅のルートについて

スタートはドイツに「住む」から

世界一周をする人は大体東周りか西周りですが、私の場合はスタートがドイツですので、ヨーロッパスタートです。

語学も学びたいし、ドイツは私が1番最初に憧れた地でもありました。当時は日本からも遠いし、英語圏ではないので優先順位は低く中々行ける地ではありませんでした。

昔ホームステイでハイデルベルクに滞在しましたが、ほぼ記憶が風化しています。

因みになぜドイツに憧れたのかって?シュミット・ファンデルハウゼン・フォン・シューマッハでググってくれ。ミニ四駆全盛期、男児に混ざってマッハダッシュモーターでブイブイ言わせていたのは私だ。(別に大して速くはなかった)

それを考えるとフランクフルトに住むべきなのですが、(シュミットの出身地ね)英語がほぼ通じる、都心なのに家賃が他よりも安い、と言う理由でベルリンを最初の拠点に選びました。旅の資金は残しておきたいの……現実的な女でごめんねシュミット

話が逸れましたが、観光だけをするのではなく実際に住んで現地の人と同じように生活を送りたかったので、旅の前に「住む」を選択しました。家探すのびっくりするほど大変だし、住むと土地の人のことが良くわかります。習慣や文化を住んで体感できるのは、とても贅沢で大きな経験だと思うのです。

観光だと時間に追われてできないこと。例えば名も知られていない公園で散歩して、手作りのサンドウィッチをのんびり食べるなんて事ができます。例えば観光していたらきっと知り合わない現地の人とカフェで知り合って、他愛ない話をすることもできます。

ドイツって良いなと思ったことは今度まとめますね!

ヨーロッパを旅する

ドイツを出たら(勿論ドイツ国内も周る予定ですが)、ヨーロッパ各地を旅して周る予定です。ルートは大雑把にしか決まっていませんが、会いたい人のいる土地へ優先的に行きます。今のところ決まっているのは、フランス、イギリス、イタリア、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、オーストリア、ポーランド。この内いくつかはドイツ滞在中に行こうかなと考えています。行ったり来たりは効率悪そうなので……

可能ならヨーロッパにいる内にトルコ・イスラエルに行きたいです。この辺りに限らずですが時期やルートは国の情勢を見ながら決定したいと思っています。

南米に行ったら北上したい

南米は現在チリ、ボリビアを目指していく予定ですが可能ならメキシコの方に上がって行きたいと思っています。メキシコまで行ければカナダにそのまま飛んでいけるかな〜?カナダは行くとしたらバンクーバーの予定です。そこまで行けばアメリカも絶対行くだろうな……。

わりと寒い地域メインで行く予定なので、荷物も冬服中心です。Tシャツならそこら辺で売っているだろう……。正直もうすでにベルリンの朝日が刺すように暑くてステテコが欲しい……。

それからアジア…?

実は台湾のビザも持っているので、期限までに入国すれば台湾にも住めるんですが、ドイツにどれくらい滞在するか、またどのくらい南米までの旅に日数を要するかで変わると思います。

正直アジアに突入する前に一度日本に帰国して荷物をアジア装備にして行く必要がある、と思っています……アジアに本気のダウンは必要ないだろ……。ビーサン以外のサンダルも欲しい。

アジアはほぼ周ると思います。ただただ行きたい国がたくさんあるので…日本からも近いし!そして安い!嬉しい!ご飯が日本人の口に合う。

オセアニアも何件か連絡いただいたので、アジア経由で行けたら視野にいれたいと思います。

旅の目的

たくさんの国の人と撮影をする

私は今まで、日本国内でとても恵まれた環境で撮影してこれたと思っています。

撮りたいものがあればキャスティングし、ロケーションを決め、時には衣装やウィッグを自分で制作してきました。自分の国と言うフィールドだったからこそ、不自由なくやりたいことを実行に移せてきました。

だからこそ完成度を保てていたと思います。事実言葉も通じるし生まれてから地域を変えどもずっと住んできた国。日本で何も努力をせずここまで来たわけではありませんが、色んな人から協力を得るのは海外でそれをするよりもずっと可能なことだと思います。

ここ数年で台湾やベトナムで現地の人と撮影させてもらう機会を得て考えました。国が変わり、場所が変わり、言葉が変わっても私はどこまで自分の作品の可能性を更新しながら、芯はブレずに写真を撮っていけるだろう?

価値観も違ってコスプレの表現も違うだろう人たち。私は自分の中で好きな作品を「こう表現したい」と言う思いがあるので、そのベクトルを受け入れてくれる、もしくは同じ方向の人たちはきっといると信じていますし、お互いの表現を理解し合いながら世界中に友達を作って、世界中の人と可能な限り撮影をして、ネットワークを広く繋げたい。これが今回の目的です。日本が遠いと言うのなら私から会いに行くわ……。待ってろよ!

そうして彼らが日本に来た時には、同じく助けてあげられる。

因みに撮影とは出会った人と記念撮影するのではなくて、本気で撮影のスケジュールを組んでロケ地を決めて撮影することです。日本でやっていたことと同じ事を、世界各国で(その国のルールに則って)やるつもりです。ノートは2冊もってきた!(でも多分1冊は勉強で埋まる)

機材もたくさん持ってはこれませんでしたし、限られた装備で撮影することになりますが、どんな状況でも撮る。撮れる。と言うのは私がずっとやってきた一種の訓練なので、特に気にせず与えられたものを組み立てていきたいと思います。

これから会えるだろうたくさんの人たちとの撮影が今から楽しみです!日本の皆さんも、もしルートが被る場所があれば現地で会いましょう!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

海外格安航空券!365日24時間オンライン予約
海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット!

2 件のコメント

  • なんてワクワクする始まりなんだろう。そしてここでまさかのシュミット^^旅の記録、各地での本気の撮影、楽しみにしてます!

    • めたーるありがとう!私の原点がこんなところで……笑 観光や撮影した時の話なんかも、また記事にしたいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA