英語を話せるようになるための考え方5つ

スポンサーリンク

どこの国に行っても英語が話せるのは大きなアドバンテージです。他言語が浸透していない国でも多少なりとも英語が話せる人は存在します。(非常に)残念ながら日本の英語教育は実践的でなく、海外へ行って辛うじて役立つとしたら語彙力と文法の知識でしょうか。

今はもしかしたらもっと実用的な教育がなされているのかも?と思いますが、「学校に入るためのテスト」や「どこで使うのか甚だ疑問な例文を用いる参考書」が蔓延している限り、日本人の英語力に大きな進歩はないように思えます。

ではどうしたら英語が話せるようになるのか?日本人は真面目なので、文法力や語彙力は決して低くないと思います。ただどこで使うのか、それを日常的に会話で使えるのかと言う点に於いてはその力が圧倒的に低い。と思います。

私の経験からどうしたら話せるようになるのか?について書きたいと思います。

言葉は生き物。独り言でもいいから毎日使う

言葉は毎日使わないと忘れます。母国語は日常的に使用しますし、無意識に使えるので感じないと思いますが英語を始め新たに学んだ言葉は使う頻度が少ないとすぐに忘れてしまいます。

私もアメリカで英語を学んだあと日本に帰国して数年経つと、すっかり話せなくなってしまいました。それからと言うもの、英語力を落とさないために毎日英語を使うようにしています。

とは言え、毎日英語を使って誰かと話すなんて日常は日本にいると中々ないはず。そこでおすすめなのが独り言

何を言っているのかわからないかもしれませんが、1人でいるとき独り言を喋っていることありませんか?ないですか…そっか…。ない人は独り言喋ってみてね!

例えばそろそろスーパーへ買い物に行かないと!と思った時、「Oh I gotta go to supermarket.」と呟いてみる。ニュースや新聞を読んだ時「I think…」と自分の意見を声に出してみる。日常で普段自分が思うこと、声に出すことを英語で言ってみるようにする。

それだけでも大きな違いです。続けていく内に言葉が自分の中に浸透して考えなくても口をついて出るようになります。

英語で学び、英語で考える

英語を勉強するとき、日本語に訳して理解していますか?今日からできるだけ英語だけでやってみるのをおすすめします。

言葉を自分の中に覚えさせるには、その単語やフレーズ、文法を何度も繰り返し身体に叩き込む必要があります。皆さんも経験があることだと思いますが、人間そんなにすぐ長期記憶に言葉をインストールできません。そこで有効なのが「英語で学び、英語で考える」と言うこと。

この癖をつけると何がお得かと言うと、1つの単語を覚えるために他の言い回しも覚えることができると言うこと。

例えばりんご(Apple)と言う言葉を知らない人に伝えるにはどうしますか?伝言ゲームのようにりんごが何であるかを伝えると思います。その時おそらく使うのが「赤い・丸い・果物・木に実る・このくらいの大きさ」などの言葉だと思います。

それらを全て英語に直して相手に説明しようとすると、上記だけでも5つの単語を使う必要があります。つまり1つの単語に対して複数の言葉を使う機会を得られると言うこと。

こうして英語でどうにかして言葉を説明するやり方を続けていくと効率よく様々な言葉を覚えることができます。しかも使って相手に説明することで、その言葉の理解がより深まると言う良い効果が。

ゆえに、私は英英辞書を使うことをおすすめしています。何故なら知らない言葉をより分かりやすい言葉を使って説明してくれているから!

このような勉強法をとることで、「英語で考える力」が自然と身について行きます。すると会話でも日本語に頭で訳す必要がなくなるため、会話の瞬発力が上がります。

日記を書く

日記を書くのはとてもおすすめ。英語を学んだことがある人ならよく耳にするであろう「昨日なにしてた?週末はなにした?」と言う会話。

英語を使っていると気づくことですが、日常会話では英語の試験のような「これいつ使うん」と言うような会話はほとんどしません。ですので、「昨日は何をした、何を食べた、どう思った、今度ここへ行きたい」など思いのままに綴る日記は日常会話の練習になります。

そして書き終わったらそれを声に出して読んでください。音読は国語の授業でもやったと思いますが、声に出すと頭に入りやすい上、喋ることでいざ会話をした時言葉が出て来やすくなります。

また、日記はできれば人と会話するように書くのがおすすめです。実際返事をしてくれる相手はいませんが、これについてあなたはどう思いますか?と言う疑問文を入れるのも実践的でとても良いのです。

そしてもしその日記を誰かに添削してもらいたい時は、以下のようなサービスをおすすめします。

  • Hello Talk

以前ドイツ語学習でもおすすめしたハロートーク。マルチ言語を学習できるアプリです。このアプリは相手の言葉を添削できる機能がついていて、タンデムパートナーを探すのにも向いています。

このアプリにはモーメントと言うところで写真や文章を投稿できます。そこに書いた日記を投稿すると、親切な誰かが日記を添削してくれたり、書いた意見に対して返信してくれたりします。

  • Lang-8

こちらは文章添削に特化した学習サイトLang-8。ハロートークのように文章を添削してくれます。チャット機能はついていませんが、長文を載せて添削してもらうには見易くおすすめです。

英語を使えるコミュニティに入る

正直海外に住んでいても、話す努力をしないとスピーキングは上達しません。学校だけでは不十分。スーパーに買い物へ行ったところで、忙しくしているレジの店員と世間話に興じたりはしないですよね。

私はアメリカにいた時バイブルスタディと言う聖書の内容を使って英語を勉強するコミュニティに参加していました。毎週金曜日の夜教会に集まって夕食を食べ、聖歌を歌った後小さなグループに別れてネイティブがその日勉強する箇所を一緒に読みながら内容を理解するものです。

アメリカはクリスチャンが多いので、このようなコミュニティが存在します。クリスチャンはキリスト教について教える機会を設けられる、留学生は代わりにタダで英語を勉強でき、ネイティブと話す機会を得られる。Win-winな形です。

このように日常で喋る機会をできるだけ作ることが、喋れるようになる一歩だと思います。日本ではこのようなコミュニティは中々ありませんが、代わりに使えるのが以前もご紹介したMeet up

日本でもランゲージエクスチェンジのコミュニティはたくさんあるので、自分に合うものを選んで参加してみると良いと思います。

英語を使う仕事をする

日本で1番英語力をあげるのに良いのが英語を使う仕事。英語力がある程度ないと採用されない職種ももちろんありますが、初心者でも英語を使える環境に入ることはできます。

例えば外国人が多く訪れるカフェやレストランでは英語を使う機会があります。オーダーをとったりメニューを説明したりすることが少しずつできるようになれば、仕事で英語を使えていると言う自信にもなります。

仕事であれば習い事に通う感覚ではなく、お金を稼ぎながら英語も勉強できるので一石二鳥です。私もこの方法をとって英語力を下げないようにしていました。日常的に言葉を使用することにより、段々と英語を使うことに抵抗を感じなくなってきます。

まとめ

いかがでしょうか?言葉の習得に終わりはありませんが、ある程度抵抗なく英語が自然に出てくるようになると例えば海外旅行をした時も精神的な余裕が全く違います。

また、英語を話せる人は世界中にたくさんいるので、日本だけでなく世界中から情報を集められるようになります。違う国の言葉を理解し、話し、意見交換ができると言うのは非常に大きなメリットです。

もちろん海外に身を置いたほうが言語の習得は早いかもしれません。しかし日本にいながらでも自分の選択次第で上手に勉強することができます。

ぜひ諦めず、言葉を話せる環境を作っていってくださいね!

ドイツ語を勉強する人におすすめの無料の教材・アプリ

2018.07.04
にほんブログ村 海外生活ブログへ

実践英語を1日1題。着実に英語力を伸ばすなら、【 HiNative Trek 】
ワイキキでビザなし英語留学【Hawaii Palms English School】
いつでもどこでも英会話 – エイゴー!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA