イギリス・ロンドンの交通事情と高速バスの乗り方

スポンサーリンク

リアルタイムはトルコにいます。ご飯がとても美味しいです。ロンドンに行く人は今後も多いと思うので、私が使用した交通網と高速バスについてご紹介します。

ロンドンの公共交通機関

ロンドンは地下鉄やバスなどが充実していますが、地下鉄の値段が高いです。ただでさえポンド圏は高い上に交通費が嵩むと中々つらい…そのためか、安く乗れるバスを利用する人がとても多いようです。

ロンドンに滞在するならもっておきたいのがオイスターカード。日本で言うSuicaのように、デポジットを払ってカードを購入し、プリペイド式で支払っていくカードです。

ただし、払い戻しは購入後24時間経ってからでないとできないので、1日ほどしか滞在しない人には向いていません。

オイスターカードは地下鉄の券売機で購入できます。

こんなの。夜について赤すぎるライトの元撮影したからホラーみたいでなんかすみません…。日中はちゃんとした色してます。

さすがイギリス。日本語対応しています。右側にオイスターカードの購入ボタンがあるのでタップ。

枚数を入れて確認ボタンへ。

最初にデポジットとして5ポンド課金され、プラスチャージ額を設定します。1度地下鉄に乗ると1区間2.40ポンド〜かかるので、5ポンド課金しても意外とすぐなくなります。自分の行動範囲を考えて課金しましょう!

ただし、一度にたくさん課金するのはあまりおすすめしません。何故なら10ポンド以上の残高がある場合は券売機で払い戻しができないから。なくなりそうになったら課金する、と言う形でも良いかなと。(使うと分かっていればその分だけ課金しておけばOK)10ポンド以上残高がある時は窓口に行ってね!

払い戻しも同じ券売機で可能です。ただし券売機の上に「No change given」となっているものはお釣りがでないのでご注意。

改札は日本みたいにピッとタッチして入ります。その時残高が表示されるので確認しておきましょう。ロンドン地下鉄は日本のようにチャージ機が改札内にはありません。残高が足りずに出れないとペナルティを課せられるので気をつけてください…。

参考までに1日券は12.7ポンドです。2.4ポンド区間を5回以上乗るなら1日券がおすすめ。バスは1回1.5ポンド(現金取り扱い不可。事前に紙チケットかオイスターカードをチャージする必要あり)

ロンドンから高速バスに乗る

私はロンドンからエディンバラまで夜行バスで行きました。疲労は溜まるがこれも節約のため…。

イギリスも国内で高速バスがブイブイ走っています。安くて有名どころはMegabusなど。私は今回このMegabusにお世話になりました。

予約すると確認メールが送られてきます。送られてこない場合はメールアドレスが間違っているなど考えられるので、一度カスタマーサービスに電話かメールして確認した方が無難。

こんな風にチケットが送られてきます。Megabusには予約番号が書かれていて、これを控えておくなりスクショとるなりしておくのがベスト。印刷する必要はありません。

ロンドンにはVictoria Coach Stationと言う、新宿で言うバスタ新宿のような大きなバスターミナルがあります。ちなみにバスターミナルの事をCoach Stationと言います。

これがVictoria Coach Stationです。電車でVictoria Station下車、そこから10分弱歩きます。直結しているわけではないので注意。

入るとすぐにインフォメーションがあります。飛行機のように自分のバスが出るゲートを確認できます。ここで確認したらゲートまで移動。中はわりと広いです。

カフェやトイレもあってわりと充実しています。私のエディンバラ行きバスは再奥でした。笑 後はバスが到着してゲートが開くまで待ちます。

MegabusもFlixbusなどと同じく座席は自由なので早めに並んでさっさと席を取った方がいいと思います。あと8月下旬だったものの、夜の窓際は特に隙間風などで冷えて寒かったので羽織るものやひざ掛けなどがあった方が良いと思います。私は首枕だけ完備して、足元ズボン1枚で無防備だったので寒かったです……

私は寒がりな方ですが風邪ひかないためにも何か掛けた方がよく眠れると思いました。隣の女性はひざ掛けとダウン完備していてそれ1枚貸してくれ…と思いました。一緒にひざ掛け使わせて欲しかった。笑

まとめ

ロンドンは縦横無尽にバスが走っているのと、もちろんツアーバスも走っているので賢く乗って時間とお金を節約したいですね。楽しい滞在になりますように!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

カメラマン、ヘアメイク、アートディレクター、そして時々服を作る。