地元民おすすめ!ベトナム・ハノイの美味すぎるローカルフード13選

スポンサーリンク

ベトナム料理って最高に美味しい!だけどローカルの食べ物ってどこが美味しいのかわからない…と言うことで、ローカルの友人から教えてもらった美味すぎるベトナム料理をご紹介します。(自分で調べて食べに行った場所もありますが、実際食べたので味の保証はします)

実際は率先して探したと言うよりは、写真編集のためにまとまった時間が欲しくて3週間の滞在をベトナムに決め、友人から「ホステルに篭ってどこも観光してないの?やばいね美味しいご飯連れて行ってあげるよ」と言う慈悲をいただいたからです。ありがとう友よ

超おすすめハノイローカルフード13選

Phở フォー

言わずもがなベトナム料理と言えば「フォー」でしょう。ところで、汁なしフォーがあるのをご存知でしょうか?通常のフォーももちろん私の大好物ですが、友人が教えてくれたこの汁なしバージョンのフォーはあまりにも絶品でした…いや、本当に…食べていただきたい…!

こ、これ〜〜〜!!通った……。

通常のフォーと違うのは汁なしなだけではなく、お椀の底にあるソースが醤油ベースのものなのです。よく混ぜて、好みで酢漬けのニンニクやチリソース、ライムを絞っていただきます。

普通のフォーと同じあっさりしたスープもついてこれでたったの35,000ドン!165円くらいです。安い。ウマイ。最高。

ちなみに鶏肉を丸々扱っているお店なので、肉の部位を選ぶこともできます(お値段変わります)

 

Bun Cha ブンチャー

私の大好きなベトナム料理の1つ、ブンチャー。こちらはつけ麺のように食べるのですが、米粉麺と野菜やハーブを肉の入った汁へつけていただきます。もちろんライム搾り放題!

そしてブンチャーを出しているお店に必ずと言っていいほどセットであるのが揚げ春巻きです。大体ブンチャーとセットのコンボメニューがあるか、もしくは追加で頼みます。

サクッとしていて身もぎっしり詰まっていてそのままでも良し、汁につけても良し。もう語彙力失うからお願い食べて身体で体感して欲しい……。店によって肉はスライス肉だったり、ハンバーグのような形状だったり様々です。今回ご紹介したお店はハンバーグのような形状で、お肉もたくさん入っているのでボリューム満点です。

ブンチャーは基本お昼ご飯として食べる人が多いようで、お店も昼過ぎに閉まるところも多いです。(このお店は夜まで営業しています)

名前を写メすることだけ考えていたので雰囲気の伝わらない写真でごめんね…笑

こちらはブンチャーが60,000ドン、春巻きは1つ10,000ドンです。少しお値段は上がりますが、それでも500円以内でこのボリューム。1度はお試しあれ。(春巻きも美味しいからぜひ)

 

Bún Bò Huế  ブンバオフエ

フエはベトナム中部の地名です。こちらはその名の通り、フエ地方の料理ですがもちろんハノイでも食べれます。ブンバオフエはフォーと違い、丸麺です。スープの味付けはフォーと少し近いですが、こちらもさっぱりしていて美味しいです。

写真はスライス肉ですが、ブンバオフエと言えば肉団子が入っていることで有名です。1杯39,000ドン。涙のでる安さ。(お茶は別途注文)

 

Bún Bò Nam Bộ ブンバオナムボー

こちらはサラダ麺のような料理。フライドオニオン、ピーナッツ、牛肉、野菜が麺の上にトッピングされたもので、底にソースが入っているのでこちらもよく混ぜて食べます。

牛肉たっぷりでお腹いっぱいになります。このお店は観光客がたくさんくるので英語のメニューもあり。回転が早いため混んでいてもわりとすぐに座れます。

1杯60,000ドン。写真には載っていませんが、丸い揚げパンが1つ5,000ドンで売っていますので、ぜひそちらもご賞味あれ!(ただの揚げパンなのですが美味しいです)

飲み物やサイドメニューなどいくつか頼むときは食べる前に写真を撮っておくと良いかもしれません。会計は最後で(どこもレストランはほとんどあと会計ですが)お店の人も伝票を作ったりしないので、自分が食べたものを証明できるものがないとたまに頼んでいないものを会計されそうになります。

 

Bánh mì バインミー

ベトナム人が胸を張って「ベトナムのパンは美味い」と豪語するだけあります。ベトナムのサンドウィッチ、手軽に食べられるファストフードです。バインミーと言えば定番はパテにスパイス、酢漬けの野菜を挟んだものですが、今はハニーグリルチキンなど様々な種類があります。

どこでもバインミーを食べることができますが、おすすめは「パンをトースト」してくれるところ。

生地がカリッサクッとしてとっても美味しいのでぜひおすすめします。基本的に注文してから作ってくれるのですが、私が食べたこちらのお店は具の種類やサイズも選べてパンがうま〜〜い!!

テイクアウト以外に外の椅子で食べることもできます。私が食べたハニーグリルビーフはMサイズ35,000ドン、Lサイズ41,000ドン。これよりお安い種類もあります。

 

Nem Chua Rán ネムチュアラン

まだまだあるよストリートフード。こちら、豚肉を揚げたつまみ。お店によっては野菜と一緒に出してくれるところもあります。もうカリッとして中からお肉がジュワッと溢れてきてえ…?美味しい……

ピリ辛ソースと一緒に召し上がれ。とっても癖になる味です。私はそれからこの悪魔の食べ物が売っている店を検索しまくりましたが、友人曰くここが2番目に美味しいとのこと。(1番目は友人の近所らしいのだが行く時間がありませんでした…)

それから価格もかなり良心的。実は我々、この時ネムチュアラン以外にレモンティーとコーヒーゼリー(これも美味しかった)を頼んだのですが、締めて1人あたり31,000ドン。レモンティーが10K弱、ゼリーもそのくらいと考えても気にする値段ではないことが伺えます。ありがとうベトナム!!!

ちなみに他の店を調べた時はここよりももっと高かったです。60,000ドンくらい。お店の人も(そりゃ自分の店なら言うだろうが)「うちの店が1番安いから」って言ってました。安くて美味いは正義です。

 

Mỳ vằn thắn ミーヴァンタン

ベトナム式ワンタン麺!これも美味しくて2度連れて行ってもらいました。ワンタン麺はスープタイプと、こちらのドライ(混ぜて食べる汁なしタイプ)があるのですが、断然ドライ麺推しです。麺は黄色の細麺タイプで、フォーなどと違ってしっかりとした麺の味があります。豚肉とピーナッツ、香草と混ぜていただきます。1杯ワンタンスープもついて40,000ドン

汁なしタイプと言ってもこってりしているわけではなく、するりと完食できてしまう絶妙な味付け。ベトナム料理は全体的にあっさりしていて日本人の口に合いますが、こちらも重くありません。ビールが好きな人にも向いてます。

 

Bánh Cuốn バインクオン

ベトナム人が仕事に行く前に食べる朝食の定番。フォーと同じ米粉の生地を薄く伸ばし蒸したたものに、刻んだキノコや豚肉を入れて巻きます。香草と一緒に付け合わせの汁に付けていただきます。フライドオニオンの食感と、もちもちの生地が美味しいです。

大体はベトナムソーセージと一緒に食べられることが多く、こちらも歯ごたえのあるソーセージで美味。もちもちしているので腹持ちも良いです。

朝食であることから昼前に閉まってしまうお店もあるので営業時間にはご注意。今回紹介したお店は夜まで営業しています。お値段は確か30,000ドンほど(うろ覚えでごめんなさい)

 

Egg coffee エッグコーヒー

ベトナム発祥と言うエッグコーヒー。砂糖を加えてふわふわに泡立てた卵黄のフォームをブラックコーヒーまたはエスプレッソの上にそっと乗せて出来上がり。

ベトナムのコーヒーと言えばコンデンスミルクを入れたベトナムコーヒーが有名ですが、エッグコーヒーもローカルが愛してやまない1杯です。

滞在が旧正月と重なったのでカフェも店を閉めていて、これは次回かな…と思っていたところで巡り会えた〜〜!!

これ!(時間がなかったのでテイクアウトしました)

私が飲んだのはエスプレッソ+エッグフォームです。ストローではなくスプーンがついてきました。飲むと言うより食べろって感じですね。

しっかりホイップされたエッグフォームなので、泡は細かくクリーミー。こちらを底のエスプレッソとまぜまぜ。そして食べる。

飲むプリン(感想)

苦味のあるエスプレッソに甘いエッグフォームが絡み合ってなんか食べ覚えのある味…プリン!!

別のお店ではブラックコーヒーにエッグフォームがのった、ドリンクとして提供しているところもあります。他にはコーヒーをココアにしたエッグココアなど(おいしそう)

ただし、ホットコーヒーと合わせるとは言え生卵を使用するので、アルコールが少量エッグフォームに含まれています。(入っていない店もあるようですが)1/4くらいの量を食べるとアルコールが入っていると分かる程度は入っているので、お酒がダメな方は注意してくださいね。

また生卵を使用する理由から、コーヒーが温かいうちに飲むのをおすすめします。人によるところはありますが、アルコールでリスクが0になるわけではありませんので念のため。

今回のお店は30,000ドン

googleのアドレスは別のお店になっていますが、このお店の右隣に件のストリートカフェがあります。他にもEgg coffeeを出しているお店はたくさんあるので別の店へ行っても味に大差はないと思いますが、この店へ行く場合は上記の写真を参考にしてください。

また、私が行った時は旧正月でお休みだったのですが、ハノイで1番有名な老舗のエッグコーヒーは「Dinh coffee(お店は2階にあるカフェ)」です。

 

Xôi ソイ

ベトナムの「おこわ」のこと。おこわの上にソーセージやパテ、豚の角煮、卵などを乗せていただきます。

お店によっては豆やトウモロコシと一緒に炊かれたおこわを提供していたり、トッピングも店によって様々です。値段はトッピングの種類、量によって変動します。

こちらもベトナムでは朝ごはんに食べる人が多いよう。(とってもお腹にたまるので頷ける)

トッピングには野菜がほぼないので、合わせて野菜のピクルスなどを頼むとあまりもたれず食べられると思います。今日は1日観光でたくさん歩くからお腹にたまるものが食べたいな〜と言う場合にもおすすめ。笑

旧正月中に食べたため値上がりしていましたが、通常なら恐らく60,000ドン以下で食べられると思います。(トッピング増し増しにしたらそれ以上になると思いますが)

 

Bánh tráng trộn バインチャンチョン

麺を生で食べたことは?と聞かれて、むしろ生で食べられるの?ベビースターラーメンかな?と思いますね。私もそう思います。

この料理が有名なのはサイゴン(ホーチミン)ですが、ハノイでも食べられます。手軽に食べられる「学生のおやつ」のようなもので、実は麺ではなく割いたライスペーパーと香草、パパイヤ、ビーフジャーキーなどを混ぜて食べます。水で戻す必要がないほど薄いので、サラダのような感覚で食べられます。牛肉のほのかな甘さと麺に絡んでいるスパイスが絶妙です。辛くはないので、辛いのが苦手な人でも大丈夫!これで20,000ドン

 

Thạch rau câu dừa  ココナッツゼリー

東南アジアと言えばココナッツの生産地!温暖な気候ならではの日本では見ない野菜や果物を目にします。新鮮な生のココナッツは日本ではまず見かけませんが、ベトナムではたくさん見かけます。ココナッツジュースもフレッシュで私は大好きですが、ココナッツゼリーもひんやりしていてとても美味!

こちらは丸々1個のココナッツの中にゼリーが2層になって入っています。上はココナッツミルクゼリー。ゼリーを食べ終えた後も中のココナッツ果肉をスプーンで削って食べられます。

1つ40,000ドン。この量でなら大満足です。ちなみにこちら、プリンも絶品だよ!と友人が申しておりました。お腹に余裕があればぜひどうぞ。

 

Sữa chua nếp cẩm スアチュアネップカム

ベトナムはもち米を使った料理が多いのですが、これはヨーグルトとココナッツミルク、水、砂糖で煮た黒米が合わさったものです。

黒米はゆるいおはぎのような状態で、ヨーグルトと混ぜて食べます。甘すぎず美味しいです。

お米を甘くして食べる習慣がないので、この組み合わせは如何なものか…と思いましたが、個人的にはなんだ?なんだなんだ…美味しい…うん美味しいな…と「じわじわくる」美味しさでした。

こちらはスーパーやサークルKなどコンビニで手軽に手に入ります。大体お値段1個15,000ドン。スーパーはもう少し安いです。

まとめ

いかがでしょうか!個人的に好きなのはブンチャーとナムチュアランです。ストリートフードを挙げるときりがありませんが、ローカルでないと中々見つけられない料理も多いので、食べ歩きが好きな友人がいて嬉しいです。笑

ちなみに地元民はほぼバイクを使っていますが、脚がメイン手段である観光客でも十分歩ける距離なのでご心配なく。(歩きたくない場合はGrab使いましょう!)

また、ストリートフードは美味しいものばかりですが衛生環境はもちろん日本と比べるとよくありませんので、箸やスプーンは拭いてから使う、手を使うなら消毒してからなど、各自気をつけてくださいね。 レストランであれば恐らく大丈夫でしょうが、ローカル食堂ではお腹の弱い方は生野菜や氷の入った飲み物は避ける方がいいと思います。

よいハノイ滞在を!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA