ドイツ人のように夏を楽しむ!ベルリン近郊で行きつけにしたい観光向き+穴場公園5選

スポンサーリンク

ドイツの夏は短い。気温差も激しいので昼間と朝晩の温度差にびっくりすることも。
ドイツ人はお外が大好きと以前お話しましたが、カフェのみならずもちろん公園には平日休日問わず多くのドイツ人で溢れています。

友達と話をするときも、日向ぼっこするときも、ランニングをするときも。公園はドイツ人にとってとても身近なリラックススポットです。

現地の人のようにのんびりしたい!と言うときは、是非昼食とビール片手にピクニックはいかがでしょうか。ベルリンは首都でありながら緑がとても豊かでいたるところに公園があります。

と言うことで、私が散策した中でおすすめの公園をご紹介!

ティアーガルテン

出典:Berlin.de

出典:Berlin.de

言わずと知れたティアーガルテン。ブランデンブルク門を抜けた先にあるとても大きな公園です。徒歩だけでは公園全てを回るのは難しい…?朝から行けばきっと周りきれるかも。そのくらい広いのです。

公園の中心部にはジーゲスゾイレ(戦勝記念塔)があります。この近くへは観光バス100番で行くことができます。この塔は登ることができ、塔からはティアーガルテンを緑を一望できます。また夜はライトアップされた金色の塔を見ることができます。

ベルリン動物園もこのジーゲスゾイレから近いので、園内を楽しんだあとは動物園へ遊びに行くのも良いかもしれません。

また園内にはビアガーデンも!水辺でビールを飲みながら一休みすることもできます。ベルリナーは昼も夜も水のようにビールを飲んでいます。緑溢れる公園で飲むビールはウマイ!

マウアーパーク

出典:Berlin.de

出典:Berlin.de

ベルリン最大の蚤の市と言えばここ!

日曜日はマーケットへ。ベルリンの蚤の市

2018.06.18

日曜日は蚤の市に隣接するこの公園はとても賑やかで、カラオケしている人やストリートミュージシャン、大道芸と様々なエンターテイナーが集う場所。蚤の市で買ったものを広げながらマウアーパークでピクニックするのが最高の過ごしかた。

マウアーパーク自体はそこまで広くはありませんが、広場や傾斜、日陰もあり皆思い思いの場所でのんびりしています。

週末は蚤の市がある関係で非常に混雑しますので、ゆっくりしたい場合は平日をおすすめします。カラオケ大会やミュージシャンの音楽を聞きながら楽しみたい人は是非日曜日に!

テンペルホーフ空港公園

出典:Grün Berlin

その名の通り元々空港だった場所が今は公園として解放され、ベルリナーの憩いの場となっています。

ここは冷戦時代、ベルリン大空輸と言う物資配給作戦が行われた空港でした。現在も飛行機が残っていたりその痕跡を見つけることができます。

言うまでもなく非常に大きな公園で、サイクリングはもちろんBBQもできます(※指定された場所のみ)

地平線が見えそうなくらい広大な公園ですが、その分人を気にせずゆったりと本を読んだり犬と戯れる人も多く非常にリラックスできる公園です。

ティアーガルテンとは違い高い木々が少なく原っぱがずーっと広がっているので、眺めもよくその広さを体感できます。

ヴィクトリアパーク

出典:Berlin.de

ベルクマン通りをまっすぐ歩くとたどり着くここは、豊かな緑と岩辺を流れる滝に癒される場所。

滝のすぐそばも座れる岩場があり、水の音を楽しみながら涼むこともできます。私はここがお気に入り。公園には原っぱが連なる緑もあり、舗装された道もあるのでジョギングにも最適で集団で走っている人たちをたまに見かけます。

出典:Berlin.de

丘を登ると解放戦争記念碑(ライプツィヒの戦いで勝利しナポレオンの支配から脱したときの記念碑)があり、そこから街を一望できる絶景スポットがあります。

クロイツベルクはこのモニュメントの十字架から名付けられたそう。また丘のある地域の中ではモニュメントがあるこの丘が1番高いのだとか。滝の前の通りはカフェやレストランがたくさんあるので、散策した後にカフェでお茶していくのも良いですね。

ベックラーパーク

出典:Berlin.de

こちらはラントヴェーア運河が横たわる公園。船で運河の上から観光することもできちゃいます。

運河では白鳥が羽根を休めている光景を見ることができます。人懐っこいのか、川辺にいるとすい〜っと近づいてきます。お前…さては餌付けされているな…?

ベンチや川辺でのんびりしているベルリナーをたくさん見れます。私も友人たちと語学学校の後川辺で話したり、散歩したりしました。とてものどかで良い場所です。公園へ入る入り口付近でアイスの移動販売がいたりするので、暑い日はアイス片手にのんびりするのも最高です。

まとめ

こうして見るとベルリンがいかに緑を保護しているのかが伺えます。アクティビティや余暇を楽しむとき、誰もが外へ出て緑と共にあるのを見ていると、この街が自然と共存しているんだなと言うことを認識させられます。

夏の日差しは確かに厳しく暑いのですが、美しい青空と緑の芝生があるとつい足が公園へ向いてしまう。ベルリンにいるとそんな気持ちにさせられます。

ぜひベルリンの緑を堪能してみてはいかがでしょうか!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA